スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手ルクレンチ

たまに、記事にも書いていますがボルト類の締込トルクは大切なのでその点の説明です。

ボルトが固定されるのは簡単に言えばねじ部と首部分の摩擦。その摩擦を発生させるのが素材の伸び。
つまり、ボルトを締めこむとボルトが伸びて縮まろうとする力でボルトが固定される。

ここで問題になるのが「降伏」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%8D%E4%BC%8F_(%E7%89%A9%E7%90%86)

簡単に言えば伸びたボルトが縮みきれずに伸びてしまう現象
ボルトが降伏点を迎えると締付トルクが発生しないばかりか往々にして破断を迎えるのでボルトがねじ切れてしまいます。

ボルトが緩い分には曲がったりしても本体に残る可能性があるが、破断したボルトは落ちるだけなので機材の脱落を意味します。

手ルクレンチで一番問題なのは動くなるまで締めれば(きつく締めれば)云いという考え。
これは容易に降伏を招いてしまいます。

ボルトは「緩く」ても「きつく」てもいけないのです。
適正なトルク管理をするのに必要なのがトルクレンチです。

いろいろなトルクレンチが出ています。
一般的なのはノック式で設定トルクに来るとカチッとノックします。

私はKTCのデジタルトルクを使っています。
http://ktc.jp/catalog/html/gek030-c3a.php

これだと、数字がカウントアップしていくので現在のトルク数がわかります。
2-30N・mまで計測できるので自転車のほとんどのボルトをカバーできます。
ヘッドもラチェットですのでラチェットヘッドを使いまわしできますので便利です。
難点は高額なところですが、整備管理した機材にすることが重要だと私は思います。

忘れがちですが私たちの乗っているロードレーサは立派なレース機材なのです。
グレードの違いこそあれ、汎用性と耐久性(整備なしでも乗れるものではない)に乏しい機材なのです。

乗った後に掃除するのは破損、車体状態、ボルトの緩み等点検の意味もあるのです。
整備毎に主要ボルトのチェックは大切です。



スポンサーサイト

チェーン洗浄

チェーン洗浄です。


チェーンの寿命を見るためにチェッカーを使って確認します。
DSC00414_R.jpg

ミッシングリングをはずします。
スポークで作った引っ掛けでチェーンを手繰り寄せてミッシングリングをはずします。
ミッシングリング着脱のメーカ推奨は2-3回らしいです。
私はチェーン交換の時に交換していますので10回は着脱しています。※自己責任
DSC00382_R.jpg
DSC00383_R.jpg
DSC00384_R.jpg

チェーンの洗浄です。
フィルタークリーナーを使い歯ブラシで汚れを落としていきます。まさに歯磨き!※画像撮り忘れたのでギアの画像です。
DSC00390_R.jpg
DSC00391_R.jpg

一通り汚れを落としたら水洗い!水置換なので白濁します。水が透通ったらOK!DSC00393_R.jpg
DSC00392_R.jpg

乾かします。夏はすぐ乾きますが、冬はエアーで水分を飛ばしても良いでしょう。
コンプレサーとかで20-30Kくらいですかね。
コンプレッサーとエアーの音は結構うるさいので注意しましょう。

取り付けます。
チェーンは向きがありますので注意してください。
刻印が見える様に取り付けます。
DSC00411_R.jpg

プーリーの汚れを取っておきます。
ついでに注油もしてください。注油はグリスのところにしないように注意しましょう。
DSC00386_R.jpg

チェーンを間違えないようにセット。注油して完成!
DSC00412_R.jpg
DSC00413_R.jpg
DSC00380_R.jpg

日々のメンテナンスはバイクを購入したショップに聞くと良いですよ。
質問をめんどくさがる様なショップは代えたほうが良いでしょう。

HC乗鞍



昇ってきました乗鞍。タイムは何とか90分切れました。88分58秒
上は雨と霧で寒かった!
IMG_1604_R.jpg
IMG_1607_R.jpg

タイヤチューブについて

新品のチューブを購入した際一度膨らませてから一日放置し異常がないかを確認してからパッキングしています。
いざ、使おうとしたときにチューブに異常があると何の為のスペアかわからないから。

[小技]マグネット処理

折角のロゴがインシュロックで隠れています。
何かいい方法は無いでしょうか??


そこで、これ「ネオジウム磁石」
DSC00419_R.jpg

こいつをここにこのようにいれて
DSC00422_R.jpg
DSC00421_R.jpg

完成!!
DSC00424_R.jpg

チェーンクリーニング[日常編]

チェーンの簡単な手入れです。
走り終わった後軽く汚れををふき取ります。
使っているのは紙製のウエスです。ホームセンター等で売っています。
水に強く毛羽立たないものを使ってください。


プーリー周りなどの汚れをふき取ります。
DSC00376_R.jpg
DSC00378_R.jpg

オイルを1コマづつ差して行きます。
スプレーで一気にやる方法もありますが、飛び散りと馴染感が無い様な気がするので滴下でやっています。
全体になじませたら、汚れをふき取るように余分なオイルをふき取ります。
この際に全体にオイルを引くようにすると全体にオイルがなじみます。

※やわらかいオイルはふき取っても翌日2度ぶきしてください。オイルが飛び散ります。
※オイルを残したいからといってふき取り不足にならない様注意してください。
DSC00379_R.jpg
DSC00380_R.jpg

汚れを噛んでチェーンからチャリチャリ音がするか雨にぬれない限りは分解洗浄はしません。

次回は分解洗浄です。

※自己流ですのでいろいろ試して自分なりの方法を見つけてください。

アタック!茶臼山!

行ってきました茶臼山!
IMG_1595_R.jpg


ルートはこんな感じ。軽く死ねました(笑)
これに名古屋からの自走を含めて200kmほど。
事前に引いたルートは300kを越えたましたが夕方までに帰ってこなければいけなかったので200kmに予定変更です。



なにが笑ったかというと香嵐渓から延々50kmにわたる上り。疲れました。
まあ、ダウンヒルもそれくらい続くので快適でしたけど。

[資料]Edge画面



エッジの画面です。心拍とケインデスをメインにしています。

ASICS FOOTID 「あなたに最適なシューズを知っていますか?」

「あなたに最適なシューズを知っていますか?」

以外に自己流でサイズ決定をしていませんか。客観的に数値を知ることは必要です。
基準となる数字を知ることで微調整をし、合わなければまた基本数字に戻す。

という訳で連休を利用して「ASICS FOOTID」に行ってきました。
http://www.asics.co.jp/running/store/

思っていたより足が小さい。
20130717213932.jpg

[参加]第14回スズカ8時間エンデューロ秋SP

参加決定!12時開始同時にエントリーしました。
去年から秋は6時間がなくなったので今回は8時間ソロです。

目標はave30km/hです。
ルールは従来どおり下記3点
・ドラフティングの禁止
・無賃乗車大歓迎!
・牽くときは死ぬ気で牽く

春の6時間は散々な結果だったので秋はいきますよ~!

第14回スズカ8時間エンデューロ秋SP
http://suzuka8h.powertag.jp/2013/autumn_top.html

ペース練の予定が・・・

今日は40kmペース練の予定でしたが最初の10kmの休憩で血尿が出た為中止です。
最近ちょっとオーバーワーク気味だったようです。
便利なことにオーバーワークになってくると血尿の出る私のからだ・・・休憩です。

ペース連は10km7-8min/km 20km7-6min/km 30km6-5min/km 40km-7-8min/km 各rest30min
以上のペースで淡々と走ります。
目的は体にリズムを叩き込むことです。そうすればペースを意識せずに走れるようになるので走りに集中できます。ペースが身についていないと時計をちらちら見て余計な労力とストレスになります。

自転車にも応用できます。一定のケインデスで淡々と漕ぐ練習です。
一定のケインデスでギアを調整すれば疲れにくくなります。
3本ローラですると効率的です。でも私は2時間回せません(笑)

信号とかで止まりたくないので500m/周の公園を80周します。
よく「あきないの?」と聞かれる時がありますが元陸上部なので淡々と周回コースを走るのは得意です。

熱くなってきましたが無理をせず運動しましょう。
違和感が出たときは無理をせず休息をとるようにしましょう。
無理は故障の原因です。

補給について

熱いですね!(暑いではなく熱い)
自転車の補給について私なりの方法を。

まず自分の限界を知るために無補給(給水可)でどこまでいけるか調べる。
私は100-150kmくらいでハンガーノックになるようです。(ave20-25km/h時)

出発前「VAAM」-脂肪をエネルギーに変えてくれるらしい(体脂肪の低い人は意味ないかも)
50km/毎「アミノバイタル」
休憩時 梅おにぎり(炭水化物+クエン酸)と豆乳(たんぱく質)または糖分を含むもの
夏場はドリンクを「OS-1」経口補水液を使います。緊急用として「OS-1ゼリー」を携行します。
熱いときはシッカリ食べるようにします。水ばかりでは胃腸が弱くなります。

トレーニング後 「SAVAS タイプ3エンデュランス」 就寝前「SAVAS スーパーマルチタブ」

特に最近は汗をかいてミネラル損失が大きいのでだべれないときは補助サプリメントを上手に使いましょう。
ただし基本は「食べる」です。

日々のトレーニング

体調管理が目的なのであまりハードなトレーニングはしていません。

土-日-Long サイクリング・走行会など
月-休養
火-木朝RUN10-15K 夜-Long50km or インターバル
金-休養
自転車通勤10km
※毎日は出来ませんが出来るときはしています。

インターバルは我流です。メディオとソリアを意識して以下の内容です。
メディオ 最大心拍数78-82% 20min×2-3
ソリア  最大心拍数83-90% 2-5min×3-5
計算式 (最大心拍数-最小心拍数)×○%+最小心拍数
データ 最大200 最小50
計算例 (200-50)×78%+50=167

・メディオ 20min×2 165-175bpm
・片足こぎ 1min×3  左右
・ソリア  3min×3  175-185bpm
3本ローラー使用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。