スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弐代目 Bianchi Oltre xr.2 降臨!



え~いろいろありましたが無事 納車されました。
スズカからほぼ5ヶ月・・・長かった~!

写真はリベンジスズカ仕様に成っています。
細かいところはおいおいと。

インプレとして、sennmu道場はHC仕様32Hで参加したのですが振動の吸収がよいですね。
初代Oltreもそうでしたが乗りやすいフレームです。
スポンサーサイト

クイックの締め込み注意!

久しぶりのまじめな備忘録です(^^;;

先日、BB付近から定期的なAEONがします。

脚を止めるとやみます。
クリートを片足ずつ外して回すも異音・・・これでシューズ系ではありません。
となるとお決まりのあれか!

リアのクイックを確認するとやっぱり緩んでいました。
閉めなおすと異音は解消!

自転車はこのような間接的な要因があるので、異音系のトラブルはあらゆる部分を疑ってくださいね。

KTMさんの様に串にしようかしら・・・。

SONY デジタルスチルカメラ DSC-TX30

SONY デジタルスチルカメラ DSC-TX30
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX30/

ブロガーにとって写真は重要なファクターです。でも、あんまり撮らないけどね(^^;;
特に私は旅先での写真を撮らないのは有名、ブルベ・イベント記事もほかの方にのブログで誤魔化す体たらく・・・。
それではイカンでしょうということで今回のこの一品!

条件として
・防水であること・・・後ポケットに入れるので汗まみれになる。雨天時も自転車は乗る
・ON-OFFが簡単であること・・・グローブ(特に冬)細かいボタンは押せません
で選んだのがDSC-TX30です。

ON-OFFがフロントパネルの開閉で行うので簡単。防水もクリア
画質と取れ方はブログには十分でしょう。

さあこれで、私のブログは変わるかな?

第2回伊吹山ドライブウェイヒルクライム

結果
MTB部門 1:40:40.881

うん!限りなく遅い。
目標としていた90分切成らず・・・(;_;)

仮眠後移動。
最後の方が認定を受けられていました。おめでとうございます。

途中、養老SAで朝ごはん&軽量化

駐車場に着くとまだ誰も見えられていないので準備をしながら待つことしばし
皆さん続々と到着

いつものごとく談笑しながら準備を受付に移動。
移動の際、脚が重いのに気がつく・・・しまった、昨日アミノバイタル飲んで無い。

まあ、なんとかがんばりましょう。

スタート・・・・・・あっちゅう間にドンベ(^^;;
まあ、焦っても仕方ないのでave10km/hをきらないように上る
・・・上る
・・・・・・既にインナーロー26*36 おーい逆転してまっせ!

とにかく脚が回らない。
昨日の300は2500ほどなので今回の伊吹山を加算しても3500・・・SR600ははるか遠い夢だな~

とにかく上るしかないのでがんばります。バンバン抜かれます。
最後の300mくらいで力尽きている人とか居たけど動けないときは動けないんだよね~。

忘れていた10km付近でのエネルギーチャージ・・・忘れちまったので後半はハンガーノックのヘロヘロ状態。
やっとのことでゴール。あ~疲れた。

体が冷える前に下山して(チョイと一悶着あったので着替えが無い状態でした皆待ってなくてごめんなさい)
駐車場に戻って仮眠していると皆さんお帰りに・・・リキさんは?ああこういうことですか。詳しくはここね

みんなでリキさんをいじりまくる。欠席裁判とはこの事か(笑)
まあ、3時間の待ち時間もSHORO'sに掛かれば井戸端会議であっという間に過ぎます。

リキさんお帰りなさい~。無事でよかったね。

さあ、帰ってお風呂にはいろ~。

来年はロードでまじめに上ります。( ̄^ ̄)ゞ

BRM412 AR中部300 AKM48

結果
BRM412 15h37m・・・認定

この時期の服装は悩みます。昼は暑いし夜は寒い。
ということで冬・春・夏装備を準備していざ参戦!

スタート前に魚の夫さんとthe_32oとご挨拶&談笑

PC1までは普段から知っている道なのでさくっと流すが、風が強い。早くも不穏な感じ。
堤防道路を向かい風の中MTBで爆走される方がいた。すげ~!

ビニールハウスを曲がったとこで先頭になったので多度大社まで引くがこの後は上り基調なので先に行っていただく。

向かい風と細かいアップダウンにやられながらもPC2を終えPC3に向かうが・・・
あの~国道で砂利道ですか・・・しかも25号なんですけど・・・

まあ、ここは天下のシュワルベ マラソン!君がパンクしたら参加者皆パンクするよ(^^;;
パリ-ルーべやるよな~と思いながら走破!

のほほ~んと行っているとコースミス!32oさんに助けられる。
この後32oさんとはPC毎に合流。赤目残念でしたね。

日が暮れる前に峠を越えたいのでいそいそとPC3を出発
えっちらおっちら上って下り~!
このままPC4だ~というわけでなく小刻みにアップダウン。ほんと中部は地味にいやらしい。

PC4で夕食タイムじっくり休憩する。日も暮れて寒くなり始めるので防寒をして出発。
走り出すも寒さが気になったので今回は綿の長袖を着用。
CW-Xが追い出した汗をそれに吸わせ気化熱で体が冷えないようにしてみたら快調だった。
来年の厳冬期に試してみよう。

この区間でも細かいアップダウン。
遠く暗闇に消えるテールライト・見えてくるヘッドライトに高低差をみてうんざりする。

PC5にたどり着くと後は知っているので坂は2-3箇所くらいで楽勝もの、心配は堤防の向かい風。
多度の坂で魚の夫さんが合流、心配した向かい風も無く一気にスイトピアへ

認定を受けて魚の夫さんとthe_32oさんにお疲れ様の挨拶をしてシュラフで2時間ほど仮眠
伊吹山HCへ!

TIGRA Sport BikeCONSOLE POWER PLUS for iPhone5

ロングライドの際、携帯はジップロックに入れて後ポケットに入れているのですが案外メールの受信に気がつきません。
私は電話よりメールを活用しているのでこの状態は何とかしないと問題があります。
そこで、買ってみました。

TIGRA Sport BikeCONSOLE POWER PLUS for iPhone5
バッテリー無しもあるのですがブルベでの使用を考えてこやつです。
DSCN4150_R.jpg

構成はインナーケースと外装ケースとバッテリー
DSCN4151_R.jpg

こんな感じでセットしていきます。
DSCN4152_R.jpg
DSCN4153_R.jpg
DSCN4154_R.jpg
バッテリーと外装は外れないようにネジで固定できます。

大きさの比較
とにかくでかいです。
DSCN4155_R.jpg
DSCN4156_R.jpg

取付状態
マウントにネジ止めで脱落を防止しています。
DSCN4159_R.jpg
DSCN4161_R.jpg

装着後実走では問題ありませんが大きく重いのでマウントが持つかですね。
まあそれは使用しながらおいおいと

以下仕様的なこと
この状態で通話は可能。
データの同期はできません。
充電はバッテリーの方のみで本体にはできません。
操作は若干やり難い感はありますが気になるレベルではありません。

財布の中身を考察する

コンビニでの補給・観光地での買い食いなど何かと財布は必要です。
ブルベにいたってはPCチェックはレシートが多いので何かしら購入しないと認定すら受けれません。

では、どのような感じで携帯するのが良いのか考察です。

前回防水加工した財布には、
クイックペイ
ワオン
VISA
1000円札×20枚
100円玉×10枚
500円玉×2枚
家の鍵
ワイヤーロックの鍵
交通安全のお守り
エマージェンシーカード(これ重要)


ブルベ時に小銭を出さないでいいように電子マネーを使います。
クイックペイ・・・ローソン・サークルK・セブンイレブン・デイリーヤマザキ
ワオン・・・ファミマ・ミニストップ

何かあった用のVISA
使える店舗が多く、最悪キャッシングできる。

1000円札
一万円札は自販機で使えない場合が多いので
※名古屋200のとき1万円札と120円しかなくもし120円が無かったら私はこの世に居なかったかも・・・

100円玉・500円玉
自販機などで1000円札が使えない時のために

これを常に携帯しています。
以外に財布の構成も考えないととんでもないことになりますね。

BRM426 RC名古屋400 ルートを引いてみた・・・

BRM426 RC名古屋400のGPS用ルートを引いて見ると5800UPになっていました。
何気に山岳ブルベなんですけど・・・(^^;;;

やんさんに捧ぐ!KMCミッシングリンクのはめ方。

KMCミッシングリンクのはめ方です。

ミッシングリンクを上に持ってきて


後ろタイヤが動かない状態でペダルとたたいてやると・・・
IMG_2114_R.jpg

はまります。v(^^)
IMG_2115_R.jpg




サドルバックを交換してみた

ブルベ用にリクセンカウルの防水サドルバックを使っています。
IMG_2096_R.jpg

どうにも使いにくいので交換してみました・・・

交換したのはORTLIEB シートポストバックM です。
http://www.g-style.ne.jp/item.php?brand_id=21&item_category_id=74IMG_2098_R.jpg

リクセンカウルは上方向に開くのはいいのですが、プレステージはシートポストの空きが少ない為に上側に取り付けなければなりません。
そうなると、開閉や着脱の時シートが邪魔になり作業性がよくありません。
IMG_2097_R.jpg

オルトリーブは後方開口ですので作業性は問題ありません。
IMG_2100_R.jpg

上面にネットが着いていますので、カッパ等を携帯するのも便利です。
IMG_2101_R.jpg

しばらくこれで行ってみたいと思います。
フロントバックもオルトリーブなのでいいでしょう。

おじさんは朝から憂鬱(^^;;

やっちまったよ~~~!!!!

この時期自転車レース目白押し!
日本では当然夜になってしまうので録画が基本。

日曜日はLIVEでDE RONDE VAN VLAANDERENを見ていましたが寝落ち。
仕方が無いのであらゆる情報をシャットダウンして会社で朝のメールチェックetc。

やっちまったよ~~~!!!!
つい癖でHPめぐりをしているときにCycloWired押してしまった!
しまったと閉じたが既に見覚えのあるジャージのガッツポーズと選手の名前・・・・

はあ、あとは記事を読まずに展開を楽しみましょう。

レースはネタバレとの戦いだ!
特にステージレースはしんどいね!

雨を走った後は・・・其の2

先日の記事の中で雨天走行後のメンテナンスを書きましたが意外と忘れていることをひとつ。
タイヤの中に入った雨を抜いておく

以外に忘れがちです。
パンクの原因のひとつにタイヤとチューブの溶着があります。
チューブはタイヤの中で伸びたり縮んだり前に行ったり後に行ったりして自由に移動することによってショックを吸収します。
これが、雨や湿気などの水分が接着剤の役目をしてチューブがタイヤに張り付きます。
そうすると張り付いたためにチューブが動けなくなり移動のストレスに耐え切れずに裂ける(穴が開く)ということに成ります。
ですので、雨天走行後(出来ればシーズンごと)はタイヤを外し乾燥させてやりましょう。

さてここにタイヤを外して乾燥させたものがあります。
このときにタイヤとチューブの状態を確認しておきます。
チューブは引っ張ってたるーんとしているものは交換です。
IMG_2084_R.jpg

タイヤをはめる前にタイヤパウダーを乗っておくと張り付き防止が向上します。
http://panasonic.co.jp/ppt/pdf/TirePowder_For_HP.pdf
IMG_2087_R.jpg

タイヤには方向性を示すローテーションがあるものがあるので注意してください。
IMG_2085_R.jpg

バルブ部分のチューブの噛みこみに気をつけてください。
IMG_2091_R.jpg

タイヤをはめ終った後チューブの噛みこみが無いか確信して指定空気圧を入れておしまいです。

TE・I・MO・Uな季節

春爛漫~いい季節になりましたね。
ウェアも春の装いです。

・・・となると毎年恒例のSUNEGEの処理ですね~。

実際、処理する派としない派に分かれると思いますが私はする派です。
神様も見苦しいので処理しろといわれる珍しい方です。

では処理いたしましょう・・・・
・・・・・・
・・・
画像はなしよ!

まず、バリカンで伸びたすねげを短くします。
そして、かみそりで剃り剃り!
普通はこれでお終いですが私はちくちくするのが嫌なので抜きます。

普通に剃って1-2日後少し伸びた状態で、秘密兵器投入!!
こやつで引っこ抜きまくります。抜きやすいようにお風呂でしっかりとふやかします。
あとは、毛抜きでちまちまと・・・おっさんがなにやってんだか(笑)

仕上げに殺菌作用のあるクリームを塗っておしまい。

財布の濡れを予防するには・・・

走行中はジャージの後ポケットに財布を入れているのですが、汗で濡れてグタグタに成ります。
お札まで濡れてしまうので、防水加工を試してみます。
IMG_2082_R.jpg
スコッチのゴルフ用防水スプレー とりあえず家にあるのでお試しです。

さて、効果はいかに!

雨のなか走った後はお決まりの・・・

メンテナンス祭り!!
普段はあまりしないのですがさすがに土砂降りの中100km近く走ったのでねっ!

フレーム全体を洗い泥・砂を落とします。
今回は砂をかんでジャリジャリいうのでチェーンとスプロケットも分解掃除です。

私は、ブルベと通勤用にinnotech105を使っています。
若干音鳴りはしますが耐久性は抜群です!
http://www.trisports.jp/?q=brand/node/5365

チェーンを105に入れて刷毛で汚れを落としていきます。
雨の後は砂をかんでいますので丁寧に。ペットボトルで受けを作ってやります。
IMG_2065_R.jpg
※使用した105を洗浄用として再利用です。

洗った後はこれでもか~とウエスでふき取ります。
特にコマの間にもはいっていますのでじっくりと。
IMG_2066_R.jpg

で、新しい105に漬け込みます。一晩くらいかな。
IMG_2067_R.jpg
そして干して乾燥してから装着です。

で、ふき取ったウエスはホイールとスポーク磨きに再利用。
その際リム面等は拭かないようにブレーキが利かなくなりますよ!
IMG_2068_R.jpg

フレームは洗った後、軽ーく水分をふき取ってからバリアスコートを使います。
http://www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/VAC.html
濡れたまでも使えるので便利です。
IMG_2070_R.jpg


全体に塗った後、このようなムラや汚れを徹底的にふき取るべし!
IMG_2071_R.jpg
白ボディは汚れが目立つので根性が必要です。
でも、綺麗にしておくと異常に気がつきやすいのでがんばって磨き上げましょう!

後は組み立てておしまいですが、この記事がUPされても組みあがってないだろうな~(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。