スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PEARL iZUMi ウィンドブレーク サーモ タイツ 6700-3DNP

ブルベシーズンは3月から7月位までが基本です。
ウエアは冬よりになりますね。
深夜の峠なんかは平気で0度近くまで言ってしまいますから。

で、困るのがアンダー。
パッドが秀逸なのでASSOSを使用しているのですが最近はこんな感じのビブショーツが主流です。
ass1.jpg

ではなくて・・・こっちのほう
ass2.jpg


2日も3日も走ってりゃね~ちっちゃいほうもでっかい方もありますので(笑)
肩ヒモが結構邪魔なんですね。
で、肩ヒモの無いものは無いかと物色して・・・

PEARL iZUMi ウィンドブレーク サーモ タイツ 6700-3DNP
http://www.pearlizumi.co.jp/goods/cms/detail.php?id=657657_1_R.jpg

パールイズミのサイズ表ではL寸になるのですが前回メガタイツの時きつかったので今回はXLを注文。
履いた感じは丁度良い感じでした、あとは実走ですね。
スポンサーサイト

心拍計とパワーメータと私

先日のブルベでは風邪からの復帰戦で心拍が通常より10ほど高かった。
普段140を目安に走っていますが150くらいになっていました。
体調によって心拍が変化するといよい例ですね。

で、長距離を走っても心拍が上がらなくなるのでめっちゃ漕いでいるのに心拍が130とかあります。
心拍を指標とするのは難しいのかな~とパワーメータの導入を考えましたが・・・

調子が悪いときに一定のパワーで漕ぐことに意味があるのか?とい疑問が出てきました。
ブルベで心拍やパワーを指標にするのは一定のペースで走りたいということ。
となるとパワーを一定にすると疲れだした後半も同じパワーで走らないといけないわけで余計疲れるじゃん!

心拍は体主体なのでやはりこちらを基準にして補正するほうがよいのではと思いました。
実際の所どうなんでしょうね。

まあ、心拍とパワー両方で判断するのがベストなんでしょうけどね(笑)

BRM125RC名古屋200km 伊良湖

BRM104AJ静岡200km いちご街道が所用の為DNSだったので初ブルベです。

お決まりの通り水・木・金と発熱して病み上がりで参加です(笑)
今回はSHOROsの面々も多数参加してワイワイと行脚しました。

ルートは平坦病み上がりには優しいですね。
向い風もきつくなく淡々と進んでいきます。

KTMさんが亀作戦の為、SHOROsには珍しく休憩が少ない上に短い・・・これが後ほど恐ろしいことに

病み上がりのせいか心拍が10ほど高めに出てしまいます。
25-30アベで牽くのはきつかったですね。
12-1月と乗れていないのも響きました。

PC2頃から左足の腸脛靱帯が痛み始め最終チェックではかなりの痛み。
ここでSHOROsトレインから離れて先行してゆっくり走ります。

20アベくらいまで速度は落ちましたが市内の信号区間なのであまり影響なかったです。
だましだまし到着し認定を頂きました。

着替えをしてしばらくするとSHOROsの皆さんも無事到着・・・なっ、なんと!SHOROsにはありえないマージン1時間以上!
真面目に走れば速いね(笑)

翌日接骨院とストレッチケアで腸脛靱帯の痛みは治まりました。
2月はブルベが無いので平田に向けて練習かな~。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。