スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015BRM328名古屋400 自転車乗りの休日-DNF

距離: 308.02 km
高度上昇量: 3,567 m
移動時間: 14:10:20
経過時間: 18:05:12
平均スピード: 17.0 km/h
平均移動速度: 21.7 km/h
最高スピード: 69.9 km/h
平均パワー: 116 W
最大パワー: 480 W
最大平均パワー(20 分): 194 W
標準化パワー (NP): 151 W
強度係数 (IF): 0.754
トレーニングストレススコア (TSS): 895.1
FTP設定: 200 W
ワーク: 6,594 kJ

2015BRM307中部200 は見坂峠の下りで落車DNF
肩甲骨の骨折で3週間乗れず今回を迎えた。
結果、300km地点衣裏大橋でDNF。

今回はリハビリも兼ねていたので、DNFするならここと決めていた。
前半の上り区間は何とかこなしていけたが平坦区間250km位でガクッとエネルギーが切れた状態になった。
15km/h前後で何とか衣裏大橋までたどり着いたが、体が走ることを拒否したようだ。

全体的にパワー不足。やはり乗っていないのはいけない。
平均パーワー・標準化パワーも設定目標値を150W・200Wを下回っている。

次回2015BRM411中部300に向けてシッカリと乗り込みをしたい。
翌日は伊吹山だったな~。

PS
チャップリンさん桜アンパン有難うございました。
治部坂峠で塩味と餡に助けられました。
スポンサーサイト

GPSとQSと私・・・?

ブルベはQS(cuesheet)で走るのが基本です。
が、GPSも便利になってきましたのでつい頼ってしまいますね。

GPSのメリットはナビゲーションをしてくれること。
私の場合はルートを表示させています。

デメリットは機材トラブルと充電問題
機材トラブルは前回の松阪200でフリーズがありました。
あと良くあるのが水没(;_;)

そうなるとQSで走る技術を身につけて置かないといけません。
また、QSにはいろいろな情報が書かれていますし、当日ルート変更もあります。
ですからQSは必携になるのです。

私も最初はGPSだけ走っていました(QSは携行しています)。
しかし、上記の理由から少しづつQSで走るようにしました。
QSで距離と地点を確認、その後GPSで間違っていないか確認。
少しづつGPSの比率を下げてQSで走れるようにしています。
夜間はついGPSに頼りがちですけどね(^^;;

GPSで走っているとルートばっかり見て景色を覚えていない、どの様に走ったのか覚えていないということがあります。
せっかくのランドネなのですから楽しみながら走りたいですよね。
迷子になるのも一興です。

私の場合QSの準備は、各PC・チェックポイント等のセンテンスごとに距離を累積します。
PC1-PC2・・・42.5km PC2-PC2C・・・23kmとこんな具合です。
これはサイコンの距離のズレをリセットするためです。

作成したQSを基に各PCごとに、GPSデータをルートラボで引いていきます。
ルートを覚えるためでストリートビューなどで分かりにくい所を確認しておきます。
その際にQSに情報を書き込んで行きます。

完成したQSをラミネート処理して完成!
GPSデータはメインの800Jと予備の810Jとスマホに入れておきます。

準備するのも楽しいのがブルベです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。