信楽焼-shigarakiyaki-備忘録 TOP  >  スポンサー広告 >  【CYCLE】  >  【MAINTENANCE】 >  スプロケット洗浄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプロケット洗浄

スプロケットの洗浄です。
スプロケット押さえとロックナット回し。
・スプロケット押さえ・・・緩める方向にロックナット回しを動かすとフリーが空転するのでそれを押さえる。
・ロックナット回し・・・カンパ用とシマノ・スラム用が有ります・


スプロケット押さえを中段から上のギアに掛けてハの字を開くようにロックナットを緩めていきます。
DSC00388_R.jpg

取り外したギアは順番を間違えない様に並べて写真を撮っておきます。
DSC00389_R.jpg

フィルタークリーナ(ディグリザーでも何でも可)でガシガシ洗います。
DSC00390_R.jpg
DSC00391_R.jpg

白濁がなくなるまで水洗い。(フィルタークリーナの場合)
DSC00393_R.jpg
DSC00392_R.jpg

フリーボディーの掃除をしてスプロケットをはめていきます。
方向性があるので溝を合わせてはめ込んでいきます。
DSC00398_R.jpg
DSC00399_R.jpg

ギアには表裏がありますので注意してください。刻印があるほうが表です。
きちんとはまると端数刻印が(11Tとか)きれいに並びます。
DSC00400_R.jpg
DSC00401_R.jpg

ロックナットに固着防止の為グリスを薄く塗ります。
DSC00402_R.jpg

ロックナットを締めこんでいきます。40Nmで閉めこみます。
トルクレンチを使ってくださいね。
→max40Nmとか表記がありますがこれは最大40Nmまでなので35-37Nmくらいで指定値を超えないように締めこみます。特にカーボンは超えないようにしてください。
DSC00403_R.jpg

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。