スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れない信仰

今日、モリゾーさんとrikiさんお見えになりました。
楽しい時間をすごさせていただきました。

今回はrikiさんが整備工具を実際に見てみたいという事だったので来宅していただきました。
工具に関わらす実際に見て納得していただけるのが一番だと私は思います。まさに百聞は一見にしかずですね。

説明させていただいた中でトルク管理の説明をさせていただきました。
詳しくはrikiさんのブログを参照ください。

私が一番云いたいのは「壊れる=悪」いう感覚が日本人にはあるということです。
品質が高いのは分かるのですが壊れないということは過信につながっていきます。
そうすると普段のメンテナンスも疎かになり機材が発している危険信号を見落とし事故につながってしまいます。

パンクを例に挙げるとパンクするのは当たり前ですから走る前に空気圧を確認し走った後は異物を踏んでないか確認するまたひび割れ等の劣化がないか、と気をかけているとパンクするリスクはかなり減少します。

せっかくの遊びが惨事ならないよう普段から心がけたいですね。

rikiさんへ 悩殺び~む!(笑)
DSCN4026_R.jpg

やられた~
このビームには参った!!
少しななめに見上げている…。
テクニシャンだ(笑)

この前の記事の,狩りの場面もカワイイ。
かみついた後,チビのくせに,けっこう凶暴に頭を振ったりするんですよね。
[ 2013/08/24 20:20 ] [ 編集 ]
No title
shigarakiyakiさん、はじめまして。こんばんは。

KTMさん、モリゾーさんのブログに時々コメントさせていただいているひろ@bikeと申します。

私も最近ロードバイクを手に入れ(ラレーCRM 2013)、先日にWiggleで買ったLifelineとかの工具でですが、スプロケを外しての清掃にチャレンジしました。締付トルク、rikiさんのブログでも拝見しましたがとても大事なんですね!私は力いっぱい回してしまいました・・。SPDのクリートも「まだ締まるからといって締める」ことを繰り返していました・・。

shigarakiyakiさんのブログを見ていて愛車への心遣い、一段と増した気分です。未熟者ですが、いつかお会いして一緒に走ることができたらな・・と思っております。長文失礼しました。
[ 2013/08/24 22:17 ] [ 編集 ]
No title
rikiさん>こんばんは

柴犬は猟犬ですので狩る行為は早いのかも知れません。
もう、タオルを丸めたものを投げるととりに行っています。
早く一緒に散歩したいです。
[ 2013/08/25 00:20 ] [ 編集 ]
shigarakiyakiさん、こんばんは。

高い買い物するとつい、壊れないと思いがちですね。
クルマにしても最近のクルマはまず壊れないし、壊れてもメーカー保証だのなんだので直してもらえますもんね。
その点、自転車は自己責任でメンテナンスしなければならないけど、だからこそ愛着もわくってものですよね(^^)

クロ君、かわいいですね( ^ω^ )
[ 2013/08/25 00:25 ] [ 編集 ]
Re: No title
ひろ@bikeさん>こんばんは

自転車に使われているボルトは細いボルト(M4・M5)が多いので簡単にねじ切ってしまいます。
でも、難しく考えずにバイクに接してあげてください。
そうすれば不具合があるとちょっとした違和感を感じることができます。

よく、折れた取れたということを聞きますが、危険信号は発せられていたはずです。
それに気がつかなかった。>愛車ではなかったと私は思います。

えらそうに云ってますが先日ペダルから異音がするな~と思いながらアタックを掛けたときにペダルがもげました・・・緩んでいたんですね。>サインを感じたら即対応!と反省しました(^^;;
[ 2013/08/25 00:34 ] [ 編集 ]
KOUさん
ありがとうございます>クロに代わって御礼申し上げます。

最近の壊れない車これが結構曲者です。壊れ始めたら雪崩を起こしたように壊れていきます。(笑)

自分でやっていけば、トラブルが起きたときの対応範囲が大きくなりますし「ああここが悪いんだろうな~」ってカンが働くようになるんですよね。
ショップは確認と自分では手を出さない(出せない)部分をお願いしています。

整備清掃も楽しみながらやって行きましょう。愛車ですからv(^^)
[ 2013/08/25 00:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。