信楽焼-shigarakiyaki-備忘録 TOP  >  スポンサー広告 >  【CYCLE】  >  【SETTING】 >  サドル交換 再設定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サドル交換 再設定

私のポジションの基本
・BB中心-サドル先端45mm
・サドル先端140mm位置-BB中心685mm
・サドル前下がり2度
IMG_1765_R.jpg

ブルベを考慮してサドルをSMP Dynamicから柔らかめのLite209に変更です。
forma-dynamic-liteを使い分けています。(HP画像ですので本来は白です)
forma_R.jpg
dynamic_R.jpg
lite_R.jpg

BB-サドル先端はレーザー墨だし機を使います。
ホームセンターーで6000円ほどでした。
IMG_1764_R.jpg

位置を調整して、45mmにあわせます。
後ろの洗濯物は気にしないでください。(笑)
IMG_1759_R.jpg
IMG_1760_R.jpg

サドル高さは140mmの位置をマーキングしてあわせます。
IMG_1762_R.jpg
IMG_1761_R.jpg

SMPはレールが斜めなのでこの作業を何回か繰り返して位置調整をします。
位置が出たらサドル下がりを調整します。
IMG_1763_R.jpg

ハンドルとの位置関係は上半身である程度は調整できますので腰位置の決まる部分をきっちりと決めてあとは乗り込んで微調整です。

数字で管理すると問題があれば基本位置に戻せば良いので便利です。
調整は基本位置から10-15mm変えて次は基本位置から5mmという具合に大きく振って収束する手法をとっています。

基本位置はBG-FIT(カミハギさん)で出してもらいました。
No title
こんばんは!

レーザー墨出し器!shigarakiyakiさんのご自宅にはプロショップ顔負けの道具がそろっていそうですね!

ポジションについてはクロスバイクを買ったときに診てもらっただけで、ロードバイクはサドルの高さをクロスバイクと同じにして乗ってしまっています・・。肩のわずかな痛み以外、違和感を感じていないのでいいのかな?なんて思っていますが・・。

肩の痛みは、ハンドルに体重がかかってしまっていると解釈すればいよいのでしょうか?
[ 2013/09/23 19:17 ] [ 編集 ]
shigarakiyakiさん、こんばんは。

さすが、プロ顔負けの工具揃ってますね。
工具って男心をくすぐりますよね。
昨日、ふくらはぎがつってしまいました。貧脚には違いないのですが、ポジションの問題もあるんでしょうか?もう少しシート上げてみようかな…?
[ 2013/09/23 23:20 ] [ 編集 ]
ひろ@bikeさんへ
墨だし機は結構使うので安い奴を買っています。
衣文掛けの水平とか額の水平とか見るのみ便利です。

不満が無ければ問題ありませんが適正なパワーが出ているかは別です。
特に乗りなれてくるとポジションは変わってくるのでいろいろなポジションを試されるといいと思います。
差の際、今のポジションを控えて置いてください。元に戻すのが便利です。

肩の痛みは体幹が弱い為に腕に荷重がかかり腕が突っ張って痛くなることが多いです。
解消は体幹を鍛えること「フロントブリッジ」結構効きますよ。
http://www.suku-training.jp/online/lesson31.html

あとはやはり漕ぐ力です。漕ぐ力の反力で上体を支えます。
結果、体幹と漕ぐ力のある人は下ハンの姿勢で手放しが出来るのです。
つまり、腕には力が掛かっていないので肩は痛くなりません。

がんばりましょう!
[ 2013/09/24 07:14 ] [ 編集 ]
KOUさんへ
おはようございます。

足が攣る原因のひとつにミネラル・水分不足があげられます。
簡単なハンガーノック状態です。あとは峠で必要以上に負荷を掛けて痙攣が起きたのだと思います。

峠は必要以上に補給に注意して無理の無い一定のペースで上ってください。
脚力と体重が落ちれば早くなって行きますので無理は禁物です。

あと、時折ダンシングをして筋肉を休めるのも有効な方法のひとつです。

私は昔無理をして脚の付根(太もも内側)が痙攣したときがあります。(笑)
[ 2013/09/24 07:23 ] [ 編集 ]
No title
体幹を鍛える良い方法を教えてくださってありがとうございます!3セットやってみましたが、けっこうプルプルきました・・。やはり弱っているようですね。鍛えます!

あと、コメント欄なのに質問ばかりですみません。漕ぐ力の反力ということは、ペダルを踏み込む力で尻をサドルから常に浮かすようにする、というイメージでよろしいでしょうか?
[ 2013/09/24 07:53 ] [ 編集 ]
ひろ@bikeさんへ
こんにちは。

漕ぐ反力は結果ですので、下手に意識するとおかしなペダリングになります。
ペダリングスキルを鍛え、漕ぐ力がついてくると自然に反力はつきます。

ペダリングスキルを手っ取り早く鍛えるのは3本ローラが良いです。
バランスの矯正にもなります。

路上の場合は一番軽いギアで高回転で付加を掛けずに漕いでみてください。
スムーズに回せれば問題ありませんがギクシャクするなら基本引き足が弱いです。

引き足は引き上げるのではなく前に持って行くイメージで回す。
あくまでも回転運動の一環として回していけばペダリングはスムーズになると思います。
[ 2013/09/24 12:28 ] [ 編集 ]
こんにちは。ご指導ありがとうございます!

引き足は膝をハンドルにぶつけるようなイメージでよいですか?3本ローラーは持っていたほうがよさそうですね・・。やはりスキルを持った方に見てもらわなければ、悪いフォームが身についてしまいそうですね。
[ 2013/09/24 13:45 ] [ 編集 ]
ひろ@bikeさんへ
こんにちは。

イメージとしては、7時位置から1時位置(実際の感覚は4時位置から11時位置)にすばやく持っていく感じです。
片足ペダリングをしていただければ分かるのですが人の足は結構重いのであんまり力を入れなくても落ちていくんです。

じゃあなぜ踏む力が要るのか?簡単です反対側の脚を踏むことによって持ち上げているのです。
つまり引き足とは引き上げる力ではなく以下に効率よく入力の終わった脚を再び入力位置に持っていくかなのです。

ですから、ぶつける感じでは引くほうに力が掛かってしまい疲れてしまいます。
この感覚はShoro'sのSennmuさんが仰られているひざ下ぶらぶら感を意識すればいいと思います。

太もも・ハム・でん部等の筋肉(膝上の筋肉)を使い膝の上下運動に集中すると自然に引くペダリングになっていきます。

3本ローラもその感覚を養うにはうってつけです。バランスが
悪いとふらつきますから。
実走のいろいろなシーンで筋肉を鍛え、3本でバランスを整えるという風にトレーニングしています。

ローラーも良いですがやはり実走が一番良いトレーニングになります。
雨風夜昼、いろいろなシーンに慣れておくと応用が利きますよ。
ただ、雨夜風は危険が増えますので考えてやってください。

また、いろいろな早い人強い人に話を聞くと参考になりますよ。
その中で取捨選択をして自分に合ったトレーニングをしいていけば良いと思いますが一番は楽しむことです。
[ 2013/09/24 17:06 ] [ 編集 ]
No title
細かいご指導ありがとうございます!

今は自分が効率よくペダルを「回せて」いるか、試行錯誤しているのが楽しいんです!幸い、通勤途中で10㎞ほどサイクリングロードを走るので色々回し方を変えたりして勉強しています。

教わったことを少しでも実践に生かせるようがんばります。機会があれば、ご一緒に走りたいですね ^ ^
[ 2013/09/24 19:03 ] [ 編集 ]
ひろ@bikeさんへ
こんばんは。

楽しむことが一番です。
ぜひご一緒しましょう。
[ 2013/09/24 19:21 ] [ 編集 ]
No title
ひろさんとのやりとり,勉強になりました。

こういう話は,人の感覚を言葉にする以上,難しい麺があるのは仕方がないと思いますが,いろんな人が,つかんだことをどう表現しているかには,とても興味があります。そして,どこかに自分の感覚に共通する部分がないかと探し,そこから,自分の乗り方をもう一つ上に持って行くヒントはないかと探すのがおもしろいです。

今度会ったときには,そんな話も聞かせてください。
[ 2013/09/24 20:02 ] [ 編集 ]
rikiさんへ
こんばんは。

感覚を文字にするのは難しいですね。
しかしながらこの様に質問をいただけると自分なりに整理をするので改めて勉強になります。

今日も走っている途中でコメントをいただき、自分なりにペダリング感覚を確認しながら走ることが出来ました。
以外に「やってないな~自分」と己の未熟を痛感しました。(^^;;
[ 2013/09/24 21:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。