信楽焼-shigarakiyaki-備忘録 TOP  >  スポンサー広告 >  【CYCLE】 >  のんびり、ゆっくりと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんびり、ゆっくりと

夜間作業のため午前中睡眠をとり昼夜感を正常にする為に午後から軽く走ってきました。
先日、交換したサドルの調子も合わせて確認します。
コースは長島TT-木曽三川の70kmです。

徹夜明けの仮眠状態(3h)では出力が上がりません。25-30km/hで流す程度です。
ブルベを考慮するにこの点は克服しなければいけない課題ですね。

案の定、長島TTは絶好調の向い風30km/hを切らないようにがんばります。
このときに踏み足・腰入れにならないよう気をつけてペダリングに集中します。

向い風区間が終わると追い風区間40-45km/hで巡航です。
普通にこの巡航速度が出せるといいのですが、まあ無理はしません。

お決まりの長良川河口堰です。ここ、通れるの知っていました?


木曽三川をへて立田大橋の袂の○Kで補給休憩ここまで50kmほど。
補給が遅いのはいつものことです。しかもあと20km程なので意味があるかどうかは分かりません。

世界のモルゾ~さんを参考にミートスパを探したのですが無かったのでナポリタンとガリガリ君ゆず。
IMG_1767_R.jpg

残りをサックと流して終了!

余談・・・夕食後体重を量ると走った後から2kg増量していました。(笑)
質問です!
「踏み足・腰入れにならないよう気をつけて」とありますが,「腰入れ」というのは,どのような状態を指すのですか?
体がゆれてしまうような状態でしょうか。
[ 2013/09/24 22:16 ] [ 編集 ]
rikiさんへ
こんばんは。

説明不足でしたね。

一生懸命踏んだり疲れたりしてくると漕ぐ側に腰がローリングするように入っていくんです。これに伴って上体も揺れてしまいます。

で、長時間この状態が続くと腰痛がもれなく発生します。(笑)
HCもこの状態に陥り易いので注意しています。
[ 2013/09/24 22:31 ] [ 編集 ]
shigarakiyakiさん、こんばんは。
流して25〜30km⁈40〜45kmで巡行って…!(◎_◎;)僕の場合、平坦な 道を流して20km、25〜30kmで巡行で瞬間的に40〜45kmです(ーー;)

上りの時に踵が下がるらしいのですが、脚の売り切れが早くなるのでしょうか?


[ 2013/09/24 23:36 ] [ 編集 ]
向かい風で30km/hですか。向かい風だと20km/hが精一杯です…。
ガリガリ君の柚子食べましたよ。柚子の味がしっかりあって、美味しかったです。
[ 2013/09/24 23:41 ] [ 編集 ]
No title
お疲れさまです!
池田山ライドの時
モリゾーが初挑戦!って言いながら
同じ物を食べていました(笑)
タバスコが欲しいって文句言っていましたが(笑)
[ 2013/09/25 08:30 ] [ 編集 ]
KOUさんへ
おはようございます。

追い風ですから出る速度です。
無風状態なら35km/hくらいですよ。

脚の売り切れは乳酸が多くでるから。(最近は乳酸説ではないともありますが)
要は筋肉を酷使して疲労物質が溜まってしまってそれの排出が間に合わないから。

単純にタンクにに疲労物質が運動強度に合わせてたまって行きタンクの下には蛇口が一定の排出をしています。
タンクに入りすぎれば運動をストップして排出が終わるまで疲労物質が入らないようにする。

疲労物質は運動強度に合わせて多くなり、無酸素運動域になると加速度的に多くなっていく。

峠は無酸素域に入りやすく脚が売り切れになる。
試しに一番軽いギアで速度に関係なく心拍が140程度であがってみてください。

踵が下がるのは踏み足になることによって阪で増大した反力に足首が負けている状態です。
必要以上に踏み込むことによって疲れが増大するとともに脚が売り切れるという非常にお得で無い状態です。

意識的に踵を下げてもいいのですが、クリートで固定されている点と踵の上下運動分ロスが生まれます。

以上が峠は回転で上る理由です。
でも、パワーで上っても良いですよ。いつも言っていますがその人にあったスタイルが一番です。
[ 2013/09/25 09:11 ] [ 編集 ]
Libさんへ
おはようございます。

はっきり言って死に物狂いです。向かい風の30km/h 早い人は40km/h超えちゃいますから。(^^;;
ゆずおいしかったです。でも、がりがり君の季節も終わりになってきますね。
[ 2013/09/25 09:13 ] [ 編集 ]
KTMさんへ
おはようございます。

琵琶湖クォータ大変素晴らしかったようでよかったですね。
夜間作業がなければご一緒したかったです。

私は食べれない人なので今年は積極的に食べる努力をしてます。
200kmも走ると普通に2000Kcal超えてしまいますからね。走れなくなるわけです。

普段は簡単に2000Kcal取れるんだけどな~。アカンじゃん!
[ 2013/09/25 09:19 ] [ 編集 ]
No title
おはようございます。

今日は教えて頂いたことを参考に、膝の上下を意識し、膝下の力を抜いて走ってみました。楽に回せるようになった気がし、でん部が疲れた気がします。

新たな疑問なのですが、足首はある角度(約90度)で意識的に固定したほうが良いですか?それともここも力を抜いて回されるがままという感じでしょうか?

長良川河口堰、いいですね。2度ほど通った事があります (^^) コンビニのパスタ類は脂分が多いと聞いていますが、それよりも夕食後2kg太ったということは、たくさんお食べになるんですね!
[ 2013/09/25 11:07 ] [ 編集 ]
ひろ@bikeさんへ
おはようございます。

でん部が疲れるのはいい傾向です。

足首の角度よりペダルの踏み面を入力時に水平(トルクが最大に掛けれる位置)に持っていくイメージです。

3時時点にが最大になりますのでその時にペダル軸の上から押し下げるのと引き下げる(アンクリンク時)はどちらが効率的かということになります。

ペダリングについて参考にしてください。(会員登録が必要になりますが)
http://funride.jp/movie/detail.php?_num=204

負荷を掛けてそれに負けない胃袋を作る!が目的です。決してまねをされないように(笑)
体重に関しては平常時1kg以内の増減に留めないと疲れの原因になるんですよね。
ですから、明らかに体に負荷を掛けています。こまめの補給を心掛けないといけません。まあ、私の痩せないわけがここにあります。(爆笑)
[ 2013/09/25 11:36 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは!

とても参考になる話とビデオの紹介、ありがとうございます!お尻を軸として、車のエンジンのピストン運動のような上下運動をする感じ・・というのでしょうか。それにしても正しいペダリングをすると本当に体がぶれないですね。

余談ですがビデオのプロ選手、現宇都宮ブリッツェンGM・廣瀬佳正さんですね。
[ 2013/09/25 19:00 ] [ 編集 ]
ひろ@bikeさんへ
こんばんは。

効率=無駄な動きが無いの見本ですね。
実走ではいろいろな条件がありますので一様に出来ませんが意識してする事は必要でしょうね。

今も変わらず同じ理論展開されているのはそれが真実なのでしょう。
[ 2013/09/25 21:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。