信楽焼-shigarakiyaki-備忘録 TOP  >  スポンサー広告 >  【RUN】 >  三河高原トレイルランニングレース2013

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三河高原トレイルランニングレース2013

泣く泣く専務さん道場をあきらめ予定を入れておいた「三河高原トレイルランニングレース2013」です。
オリエンテーリング協会が主催です。
よくよく見ると結構スポーツだなオリエンテーリング。ちょっと興味が出てきました。

さて本題、神様も参加されるので初心者コースの9kmにエントリー。
それでは物足りないので自走を画策するもあえなく却下。
仕方ないので豊田市の鞍ヶ池公園から自走です。
DSC00501_R.jpg

行程は40kmほど国道301号をひたすら進みます。


行きはひたすら上り、上りまくります。
神様は普段自転車に乗ってないので行きですでにフラフラです。走れるのか?
DSC00503_R.jpg
DSC00507_R.jpg
DSC00508_R.jpg

何とか会場に着きました。
DSC00511_R.jpg

受付を済ましタグをもらいます。
自動ファ○○キュータグですな~。
DSC00521_R.jpg

装備はこんな感じのハイドレーションです。
DSC00515_R.jpg

スタートです。
最初は舗装路ですが、石場を通過して山道に入ります。
踏んだところに石やつる草があるのでバランスが大変です。
特に下りは滑り落ちるように下るので膝のダメージが結構掛かります。
DSC00526_R.jpg
DSC00527_R.jpg
DSC00528_R.jpg

殆ど登山ですね。先日の台風の影響で倒木越えや川越がありました。
DSC00529_R.jpg

そしてゴール!私の写真はないので神様です。
DSC00531_R.jpg

ゴールは通り抜けるのではく一度止まって差し込んで認識させます。
ラストスパートがしにくいです。
DSC00532_R.jpg

走り終えてやはりトレイルは面白い!
変化にとんだ路面、急勾配の上り下り等めまぐるしく変化するので飽きません。
まあ~その分しんどいんですけどね。

昼食をとりあとは自宅に帰ります。
帰りは下りでしたので楽でした。
チキン南蛮パスタ。
DSC00534_R.jpg

No title
こんばんは!

トレイルランニングというもの、恥ずかしながら初めて知りました (^^ゞ

調べてみたらトレイル専用装備があるんですね。これは過酷なスポーツですよ。そういえば、今日は各務原の迫間不動というところを3周ほど登ってきたのですが、バックパックを背負ったランナーが何人か山道を走っていました。トレイルのトレーニングだったかもしれませんね。

余談ですが、下りで69kmでて飛ぶかと思いました ((( ;゚Д゚)))
[ 2013/09/29 21:03 ] [ 編集 ]
shigarakiyakiさん、こんばんは。

9kmのオリエンテーリングの前に上り40kmってちょっとしたトライアスロンですね^^;
それについていく神様もすごい❗️
二人でオリエンテーリングに参加なんて素敵ですね(^^)
[ 2013/09/29 21:57 ] [ 編集 ]
ひろ@bikeさんへ
おはようございます。

健康管理の一環として自転車に乗っているのでクロストレーニングとして違う運動をするのはおススメです。
ランニングでもトレイルをすると使わない筋肉が刺激されます。

下りで69km/mですか、名古屋地区では縁起のいい数字ですね(笑)
安定している(バランスの取れている)バイクはそのスピードでもしっかり安定しています。

rikiさんも言っておられますが、ブレーキの違いはここで判ります。
デュラはきっちり制動してくれるので「いやっほー」状態で下れます。
[ 2013/09/30 07:36 ] [ 編集 ]
KOUさんへ
おはようございます。

bike40-run9-bike40の逆デュアスロンをしてしまいました・・・
神様もどっちがメインなのか判らないといわれました。(笑)
[ 2013/09/30 07:42 ] [ 編集 ]
No title
おはようございます。

私のバイクには105が付いているのですが、シューは7900デュラと共通らしいです。でも、キャリパーの剛性が違うのでしょうか?カーブの手前でなかなかスピードが落ちなくて、怖かったです。もっとも、それ以後は早めにブレーキかけるようにして事なきを得ましたが・・。

あとは路面の落葉や枝、後ろからの車が気になって下りを楽しむ余裕はなかったです(^^ゞ このあたりは場数をこなせば慣れるのでしょうか?
[ 2013/09/30 08:50 ] [ 編集 ]
ひろ@bikeさんへ
こんにちは。

剛性の問題もありますがブレーキはブラケット上・下ハンどちらだったでしょうか?
上記の速度域では下ハンで無いとしっかりした制動は得られません。

早めのブレーキングで当て効きを多用されるとシューの減りが早いばかりか
熱によって変性が起き効きが悪くなります。

出来る限り瞬間にブレーキングしての減速が必要なため剛性が必要なのです。
ここら辺のバランスは難しいですね。

まあ、下りは安全運転で。私、めっちゃ遅いです。
[ 2013/09/30 16:31 ] [ 編集 ]
No title
こんにちは。

あ、ずっと上ハンでした・・。単純にブレーキレバーを握り込めてなかったようですね(^^;) 剛性うんぬん以前の問題でしたね。あの速度で下ハンは怖いですが、慣れるしかなさそうですね。
[ 2013/09/30 16:59 ] [ 編集 ]
今日の中日新聞でこの大会のことが書いてありましたね。shigarakiyakiさんらしき方は写っていませんでしたが(笑)

ハイドレーションを装備していない方はどうやってドリンクを持っているんでしょうか?手にもったら危なそうで^_^;
[ 2013/09/30 19:25 ] [ 編集 ]
ひろ@bikeさんへ
こんばんは。

セッティングにもよりますが、慣れてくると下ハンの方が楽になります。
かなりハンドル高めですけどね。
[ 2013/09/30 20:33 ] [ 編集 ]
Libさんへ
こんばんは。

簡単なことで、正直9km程度ではハイドレーションはいらないんですよ。
ただし、強い人が条件で私のような中間層は持っているほうが安心します。
ハイドレーションは単なるオモリですからね。

特に今回はlong24kmはエイドもあったのでノーハイドの方も多かったです。
[ 2013/09/30 20:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。